ちゃるの目に映った世の中のもろもろを、感じたままにつづります    http://chall.blog19.fc2.com/

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自家製トマト
2006/06/29/ (木) | edit |



ベランダ栽培のトマトが色づきました。
ちょっと早いかな?と思いつつ、鳥さんや虫さんに先を越されてなるものかと収穫。

tomato0629.jpg


朝食の付け合せのサラダに、サニーレタスと紫オニオンのスライスと。
某QPのゴマと香味野菜のドレッシングをかけて。

bv-060627.jpg

久しぶりにバルビレッジにログインしてみると、先日コンプリートに成功した『ROSEGATE』が届いてました。
ついでに、コンボ・イベント『星に願いを』(7/5まで)
に挑戦。
(HINT-ABNAAAATTだそうです。7月7日と言えば、、、もちろん○○○○。)
どんなアイテムが届くのか、ちょっと楽しみですね。

基本的に無料部分で楽しんでるだけなので、お庭デコレーションコンテストの作品とは程遠い、しょぼい我が家のパネル。

pp-060627.jpg

久しぶりにポスト・ペットも復活させてみました。
新しい庭アイテム「お花畑」を楽しむお友達のピンくまちゃんとちゃるたん。
気持ち良さそうな二匹だなぁ~ぽかぽかお昼寝うらやましいゾ!
スポンサーサイト
関東へ行ってきました
2006/06/27/ (火) | edit |
16日~20日にかけて、旦那の単身赴任の準備を兼ねて埼玉、東京、千葉へ行って来ました。
純粋にお上りさんなんで、東京へ行くとなると原宿、そして東京ディズニーリゾートが一番に頭に浮かびます。




安藤忠雄氏デザインの表参道ヒルズ
あの原宿の同潤会アパートがあんなに変わってしまうなんて!!
深海の中を漂ってるような不思議な雰囲気。
買い物客よりも、見物客が多かったみたい。
若きクリエーター達の展覧会なんかを開いていた古びたアパートの建物が懐かしい。
前回原宿へ行ったのは、HIDEさんのレモネードレーベルのお店(丁度一周忌でファンの皆さんが花束を持ってお店を訪ねていたっけ、、、)を覗く事と、同潤会アパートでは確か「怪獣ブースカ展」をやってたんだよなー


P1010051.jpg  P1010048.jpg


行った事のないシーにも行って見たかったけど、「リロ&スティッチ」のスペシャルイベント開催中(7/13まで)のランドの方へ。
なんと18年ぶりで、周囲の施設が完全に整備されててびっくり。

入り口の花壇のミッキーもこの時期スティッチに変わってる!!
園内のあちこちにスティッチが溢れてます。

P1010039.jpg  P1010033.jpg

パレードもハワイアンムードいっぱい。ゲストのみんなは“オハナ”(ハワイ語で家族っていう意味なんだって)。まるで、ヨンさまだね?!
フロートのキャラに向かって手を振ったり、カメラを向けたり、大騒ぎするみんなの顔は太陽みたいな笑顔で、幸せいっぱい!!


P1010020.jpg  P1010042.jpg

園内の芝生を散歩する合鴨親子
ポップコーンをねだる子鴨を心配そうに守る母鴨。
そういえば、父鴨は日陰で昼寝してたっけ、、、人間と余し変わらないね。

平日だと言うのに、好天に恵まれて家族連れが溢れてました。
ディズニーキャラがサインに応じてる姿には驚いた!!
あのぬいぐるみの手で器用にサインできるなんて、すごい!!
秋には埼玉へ引っ越すし、行く機会ももっと増えそうで嬉しいな♪
お疲れさま、SUMURAI-BLUE
2006/06/23/ (金) | edit |
正直言ってマスコミが騒ぎ立てるほど今回の日本代表が勝てるとは、どうしても思えなかった。大会直前に書いたW杯予想でも、日本は予選敗退と書いた。
だって、W杯に勝ち進んだチームの中で、日本ほど得点が取れないチームはなかったもの。

それでも、勝負は水ものだから、どこかで良いきっかけを掴めたら!と思って応援してたんだけどね。

今朝の早朝放送のブラジル戦も勿論4時前に起きて、テレビの前にしがみつきました。結果は、、、余りの実力の違いを見せ付けられる結果に終わりましたね。

身体がどうなっても良いから、前へ前へ攻撃すると言った選手の決意も前半終了間際の同点ゴールで、霧散してしまい、諦めムードが後半の45分をただただ悔いを貯めるためにだけ流れているような試合にしてしまった。

スポーツ各誌は敗退の責任をジーコの監督力のなさとか、川淵キャプテンの読みの浅さだとか、中村の体調管理の悪さとか、ヒデの統率力のなさだとかに、勿体つけてあげつらっているけれど、結局は技術的にも体力的にも精神的にも世界レベルじゃない選手が大勢居たって事じゃないんだろうか?

大勢の日本の指導者達が冷静な目で自国の戦力を再分析できたと思うから、4年後は無理かもしれないけど、8年、12年後はW杯の常連国となるように、若い芽を厳しく育てて行って欲しいものです。

今回限りで引退かと騒がれてるヒデだけど、この悔しさを胸に指導者としてスタートを切るのも-ピッチでのプレーが見られなくなるのは辛いけど-良いんじゃないかな?宮本やヒデが広い世界で指導者としての見識や経験を積んで、いつか表舞台で監督として采配を振るう時が来るのかと想像すると、日本サッカーの明日が楽しみになってくる。狭い日本で井の中の蛙状態の選手が少しでも減るように、サッカー協会は対外試合を増やすなんて言ってないで、どんどん海外のクラブへ武者修行に行く子供達を援助して行くべきだと思う。この悔しさをバネに羽ばたいて欲しいな!

あたしがお婆ちゃんになったら、孫が男の子だったら、絶対おもちゃはサッカーボールしか買ってあげない事にするんだ!ロナウジーニョみたいに、ボールが身体の一部になるように育てるんだから!!

とは言え、私の一番好きなスポーツはバスケなんだよなぁ、、、旦那はテニス命だし、、、つー事は男の孫は最低3人は要るんだよな~
息子は結婚してくれるんだろうか?
娘は貰い手があるのだろうか?
う~む、我が家に限ってのサッカーの未来は五里霧中だわ。

まずは、サムライブルーの皆さん、お疲れ様でした。
敗戦の反省は別として、新たな意欲を持って立ち直ってください。
今度はADSLが!!
2006/06/21/ (水) | edit |
20060621223351
昨日の午後から、ADSLが通じなくなってしまいました。何が原因かさっぱり分からず、カスタマーに電話を。言われるままにあれこれ弄ってみたけど、全く駄目。また暫くネットから遠ざかってしまいそうな雰囲気。

(追記)
親切なカスタマーの担当者さんと、手早い措置の工事担当者さんのおかげで、復旧致しました。マンションの電話線の設定がムニャムニャな状態で、無事正常な回線を確保していただきました。
家の各部屋に電話をつなぐモジュラージャックがあるのに、それがうまく機能しないって、、、ここのマンション一体どうなってんの?
ま、つながったから、いっか!!
パズル・スティック
2006/06/13/ (火) | edit |


旦那が町を歩いてて、変なものを貰って来ました。

葉書大の紙の直径1.5センチの穴にチェーンのついた透明のスティックがついている。
「30分以内に外せたらOK!」
もちろん、チェーンを切ったり、紙を切ったり、スティックを折ってはダメ!

夫-×
娘-Give Up!

さて、私。
へっへっへっ、5分で外せたもんね!!
外せる確立は100人に1人とか。

やっぱり、柔軟な思考力が大切よね?!
えっ?まぐれですって?!
thema:つぶやき。
genre:
我輩は主婦である
2006/06/11/ (日) | edit |
そんなこと言われなくっても分かってるわよ!
どう見たってあんたは主婦だわよ!
主婦なら主婦らしく、もうちょっと夫や子供や家庭の仕事に力を入れなさいよ!
-と、罵声が飛んで来そうだが
こちらはTV番組のタイトルの話。

我輩は主婦である』が面白い!!

結婚13年。熱烈学生結婚の夫たかし(ミッチー)と二人の子供に恵まれた普通の主婦みどり(斎藤由貴ちゃん=アイドルもすっかり中年体型だ!)が、家計のやりくりに苦しむうちに旧千円札の肖像・夏目漱石先生が乗り移っちゃうというホーム・コメディ。

時間帯が月~金の午後1時、「愛の劇場」なのに、脚本がクドカン(宮藤官九郎)と言う、とんでもない企画に惹かれて普段はTVを見ない派が、わざわざビデオ予約を入れて見ているほど、と言えば、その面白さを分かって貰えるはず。

主題歌「家庭内デート」もぴったりと言おうか、なかなか笑えます。
年末の紅白。「グループ魂」の演奏をバックに背負って、「やな家」が歌い踊る姿がメチャ楽しみ♪

かつて「お嫁さんにしたいタレント」No.1だった景子ちゃん(竹下景子)が「お姑さんにしたいタレント」No.1でもあるんだわ~と妙に納得。
花よりもなほウルトラの母?!
2006/06/09/ (金) | edit |
岡田准一主演、是枝裕和監督作品の『よりもなほ』見てきました。

が、その行く途中の地下鉄で前の席に座った女の子の姿がインパクトがあったので、ちょっと。
「ブレイブ・ストーリー」を読みふけって、目をあげると、異様な女の子が目に止まった。

高級ブランド物のサングラスをかけているのだが、妙に浮き上がっている。
濃い色の大きなレンズ。
レンズとつるの部分とをつなぐ所にでっかいシルバーの金具がついてるやつをかけているのだが、見事なほどに似合っていない。
どう見ても、爬虫類的と言おうか、ウルトラの母にしか思えない。
ご本人さんは、すっごくオシャレをしてるんだと思う。
金額的にも目玉が飛び出るような高級品なんだと思う。
が、悲しいかなあんたのエラの張った、普通の高さの鼻には合っていない。
(さっきからずり下がってばかり居るじゃない?!)
気に入ってるんだから、放っておいてよ!と、言われるだろうけど、おしゃれってさー自分を綺麗に(可愛く、センス良く)見せるのが第一歩じゃぁないのでしょうかねぇ??笑われちゃ~お仕舞い違います?!

さて、『花よりもなほ』です。
徳川綱吉・生類憐れみの令、赤穂浪士の敵討ちの時代のあばら長屋に住み合わせた人々のお話。
武士(もののふ)の価値観と散り行く桜の潔さが主題です。

父の敵を追って江戸に来た、へっぴり腰の岡田君演ずる所の武士が、周りの温かい人々の人情の中で、自分の行き方にどういう折り合いをつけて行くのかを、ユーモアたっぷりに描いてます。

超個性的な出演者の中で、何だかキム兄ィが美味しいとこ取りです。
最後、キム兄が浅野忠信(岡田君の仇役)に化ける所があるんですが、あの切れ長な目がうり二つのように見えたりする(ン、な訳はないが)から不思議。

後ろの席の20代の孫とおばあちゃんの二人連れが、ずーっとおしゃべりしてるのよ、上映中に。
で、もってゴソゴソ椅子は蹴るは、途中でいびきかいて寝ちゃうは、でさ、エライ迷惑だった。
それさえなきゃ、もっと楽しめたのに残念。
おばあちゃんと話したきゃ、映画館じゃなくても良いんじゃないかぇ??
thema:雑記
genre:日記
フルーツトマト
2006/06/04/ (日) | edit |
yasai060604a.jpg

今の家に引越して来てからベランダが格段に広くなったので、野菜のプランターを置いてみた。
ピンポン玉大に育ったフルーツトマトの実です。
害虫が来ないように、水やりを忘れないようにして、やっとこの大きさに。
海からの風が結構きついので支柱とこすれて傷がついてしまったのが残念!
「は~やく実が成れ柿の種」のカニさん状態です。

engei060604a.jpg

こちらは、スティック・セニョール(ブロッコリーの一種?)。
葉っぱばかりが育って、刈入れ時を逸してばかり。
花が開かない前に食べないとねー

bv060604.jpg

一ヶ月に一回くらいしかログインしなくなってしまったバルビレッジ
見知らぬ物体が室内に転がっていた。
どうやら何かの種らしい。水を撒いたら芽を出しました。
庭は模様替えする時間がないまま放置状態なんで、室内にて。
日照がなくても育つし害虫もつかないんで助かります。

bv060604b.jpg


家の前の掲示板にお友達の書き込みを見つけて(なんと!50日近く前)周辺をお散歩してみたら、素敵なお庭を発見して一休み。
う~~ん、有料の新しいアイテムがいっぱい発売されてるんだな~♪
しかし、仮想の家の庭にここまでつぎ込む余裕が、、、ない!


ダ・ヴィンチ・コード
2006/06/01/ (木) | edit |
まぁ、なんやかんや言いながらも劇場へ見に行ってしまいました。
話題性の高い映画なんで客席は満員。ひとつの映画館の2つの劇場でやっているにも拘わらず希望の時間をとれずに喫茶店で時間つぶし。

小説を読んでないんで、難解な状況設定を理解できるか危惧して臨んだんだけど、当然の如く途中でこの人は味方?実は敵側?と混乱しましたが、その混乱もミステリーのプロットの内ですから充分楽しめます。




カトリックの学校に通ってたんで、その光と影の部分もさもありなんと言う感じ。
関わっている立場と個人の考え方の違いで、同じ宗教を信奉するにしても、行動や結果は大いに違ってくるものなんだなーと実感。

あくまでも作者のフィクションだから、随分と無理なこじつけをしてるなーと思う部分も多いんだけど、それはそこ、トム・ハンクスやイアン・マッケランの演技力や監督の力、本物のルーブルでの撮影とレオナルド・ダ・ヴィンチの作品群の素晴らしさで、そうなんだ~キリストにはそんな人間としての生涯があったんだね~、キリスト教もカルト集団と大差ないでは?と素直に納得させられてしまうのだから、作者の思う壺、と言うわけだ。

見てて何だかどっかで同じような映画を見たような気がしたんだけど、あれはニコラス・ケイジの「ナショナル・トレジャー」。テンプル騎士団の隠された宝物を巡るアクション?映画。あれよりは、かなり面白かったな。

左側のカップルは原作本持参で所々確認しながら見てたし、右側のカップルは「な~んか全然分からへんかったわ~」と立ち上がりながら言い合ってました。原作読んで、TV公開を待とう~っと、私も。
観光映画としても歴史的建造物を満喫できます。

そうそう。神の御名の元、不気味な行動を取るあの修行僧、どっかで見たな、、、えっと、、、あ!「ウィンブルドン」だ!!余りの違いにタジタジ、、、今回のこの役柄はかなりハードで、吐き気を催しますが、ある意味あれも真実なんだろうな。「パッション」に次ぐ、心臓バクバクの場面だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。