ちゃるの目に映った世の中のもろもろを、感じたままにつづります    http://chall.blog19.fc2.com/

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TINTIN
2011/12/08/ (木) | edit |

ぐうたらに11月を過ごしてしまい、遂に隔月UPのブログになってしまった、、、
2011年も残す所あと20日ちょっとですよ。年賀状作り始めないと!!


スノーウィのストラップ欲しさに前売り券を発売と同時に購入した
スピルバーグ監督のアニメ『タンタンの冒険ユニコーン号の秘密
を鑑賞して来ました。いやメガネon3Dメガネはイヤなんで2Dで。





[more...]
スポンサーサイト
パブリック・エネミーズ
2009/12/15/ (火) | edit |
急に年末に娘が帰ってくると言いだしたんで、前もって買ってた帰省用の新幹線
切符の日時変更がてら、川越まで出掛けた。

ついでに、Loftに寄ってトイレ用カレンダー『便蔵さま』を買い求め、2010年版の
ほぼ日手帳』の
本体を探したんだけど、川越駅店では完売しちゃったとか・・・こういうものは早目に買わないといけないのね。
ネットから注文したら良いんだけど、送料が高くついちゃうんだよね、、、

CINEPLEXのポイントが900P貯まったんで、帰りに途中下車して映画館へ。



今年の見納めは何にしようかな~
『カールじいさんの空飛ぶ家』もハートウォーミングで良いかな?と思ったんだけど
爺さんよりは、脂の載りきった男前が良いよね?

そんな訳で、ジョニー・デップの『パブリック・エネミーズ』を。

火曜日の映画館は、空いてるもんだね~
驚いた事に、観客はおじいさんばかりなのだ!!ジョニデファンの女性はどこへ
行ったんだい?
まぁ、ドンパチの賑やかな映画だから、男性客が多いんでしょうね。
こんな世の中だから、映画の時代背景(恐慌時代)と似通ってて、アウトローに
憧れを感じるのか。

実在の凶悪な銀行ギャングなのに、何故か魅力的に見えるのは、やぱりジョニデ
だから?
いやいや本物のジョン・デリンジャーも悪の側のヒーローだったんだろうね。
華々しいばかりの銀行襲撃の荒っぽさと、彼の恋愛がいい塩梅に混じり合って
見応えあり。

海賊船長 VS バットマン

対する捜査官は、バットマンのクリスチャン・ベイルなのだ。

虫の息のデリンジャーが『バイバイ ブラックバード』と呟いたと、恋人に伝え
られる最後の場面では、じんわり来ちゃったよ。

所でさ、ジョニデとモッ君ちょっと似てない?
瞳の輝きかな?すぼめた口元とか似てるなぁ~ってふと思ったよ。
役柄に対してストイックな所とかも。
thema:映画感想
genre:映画
20世紀少年とNim's Island
2008/09/10/ (水) | edit |
久しぶりに2本立てで見るぞ!と、意気込んだまでは良いんだけど
上映スケジュールと時間の兼ね合いもあって、なかなかうまくは
いかないもの。

本当はショーン・ペンがメガホンを取った『In to the Wild』が見た
かったんだけど、家を出る時間がちょっと遅くなってしまったので、
ジョディ・フォスターの『幸せの1ページ』を。(原題 Nim's Island )

引き籠り(潔癖症で外に一歩も出られない)な、冒険小説の作家が
成り行きで、南海の孤島に一人ぽっちにされた少女を救いに行き
自分が救われるという、とんでもないお話。

自然は厳しいけれど、海は美しく、アシカと空飛ぶトカゲとペリカン(?)
がとっても芸達者で笑わせてくれます。

そして、今日の本命は20世紀少年です。  公式サイト

               

言わずと知れた浦沢直樹原作の同名コミックの実写映画版。

映画の脚本も浦沢氏が携わってるとかで、監督の堤幸彦さんもそれはそれは
丁寧にコミックのコマ割りを画面に表現しているのだとか。

どの役をどの俳優さんがどんな風に演技するかを見てるだけでも楽しい。

昭和の時代の繁栄を懐かしむのも良し、自分の青春時代を重ねて見るも良し。

T.REXの「20th Century Boy」の曲に乗せて、21世紀の行く末を考えて
みるのも、それもまた意味ある鑑賞の仕方かも。

第一部は未曽有の恐怖への第一歩と言った所か。
三部作まとめて見たいと思うのは、まだ贅沢なんだろうねぇ。
ダーク・ナイト
2008/09/03/ (水) | edit |
DARK KNIGHT   公式サイト

 ◆2008ワーナー(監督&脚本 クリストファー・ノーラン)
 ◆出演-クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、ゲーリー・オールドマン他

         

夏休みが終わって、お子様達が映画館の喧噪から抜けて行き、
(子供達が煩くて、行儀悪いからイヤなんじゃなくて、我が子しか
見えてない母親やその他保護者の非常識なふるまいが迷惑なのだ)
やっと、映画館へ足が向けられるようになりました。
(とは言え、まだポ~ニョ・ポニョ♪と流れてて、ウザイです・・・)

クリストファー・ノーラン監督によるバットマンの二作目です。
いや、もう、すさまじいのなんのって!!

ジョーカーを演じるヒース・レジャーは鬼気迫るものがあります。
主役を完全に食ってます。
あの狂気が、恐怖を伴ってかっこよくすら見えてくるんですから。
次にはその名演技がもう見られないのは、本当に惜しい。

ホワイト・ナイトの名を生かす為に、自ら「ダーク・ナイト」になり
きろうと決意する正義の味方がなんだか悲しい。

ネタばれ蛇足ですが、シリウス・ブラックが死んじゃったぁぁ~
(ここでの役名は違いますが)と思った時はかなりショックでした。
thema:映画感想
genre:映画
昨日見た映画
2008/07/10/ (木) | edit |
ケンタッキーフライドチキンはご飯のおかずになるか

        


唐突な質問ですが、良かったらお聞かせ下さい。

我が家では昔から、から揚げ感覚でケンタッキーをおかずに、ご飯、味噌汁なんて
当たり前だったんだけど、、、

息子がケンタをお土産に持ってきた彼女に、「待って!ご飯炊くから!!」と言って
不思議がられたり、悪友共から「あれはスナックやろ?酒の肴なら分かるけど」と
笑われたりと、夕飯のおかず派は少数民族らしいで・・・と嘆いている。

「から揚げ定食だと思えば普通やん!と」、反論すると、「ほなケンタでどんぶりご飯
注文できるんかい?!でけへんやろ!」とあしらわれて悔しいとのたまう。

・・・・・・・我が家の常識は世間の非常識なの?!

さて、昨日の水曜日は2本の映画を見て来ました。

梨木香歩の小説「西の魔女が死んだ」と

横山秀夫の小説「クライマーズハイ」の映画化です。
[more...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。